諫早市でS様の庭を駐車場にする外構リフォーム

長崎で外構リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は諫早市で施工させて頂きました外構リフォームをご紹介させて頂きます。

施工前

外構リフォームの施工前

施工前の状況になります。

今回のご依頼内容としましては、今ある植込みや花壇を撤去してコンクリートを打ち駐車場を作りたいとのご要望でした。

車両を止めるスペースとしては十分にありますので、まずはコンクリートを打つための地盤作りから入ります。

施工中

庭リフォームの施工中

既存の植込みや、木を撤去し重機を使用して余分な土を搬出していきます。

駐車場リフォームの施工中

余分な土を取り終わり、水平や水が流れる水勾配を確認しながら地盤を作っていきます。

この地盤作りで、コンクリートの水勾配も決まるので非常に重要な作業になります。
外構リフォームの施工中

地盤が決ると、コンクリート打つために土の上に砕石と言います砂利を引いていきます。

砂利を敷き、転圧するための機械を使用し地盤を強くしていきます。

今回、駐車場ですので重たく重量があるため地盤を強くしコンクリートの耐久性を上げる事が非常に大切です。

庭リフォームの施工中

砕石を敷き終わりますとワイヤーメッシュを敷いていきます。

ワイヤーメッシュはあくまで強度を上げるものではなくコンクリートのヒビ割れを最大限抑止するための物です。

ここまで完了すると、いよいよコンクリートを打つ作業に入ります。

庭のリフォームのコンクリート施工中

コンクリート打ち作業に入りました。

今回、コンクリートミキサー車を使用しコンクリートを施工していきます。

この時期にしては気温も高く、コンクリートを仕上げる前にコンクリートが乾きに入るため左官職人さん総出で素早く、確実にコンクリート平らに勾配を確認しながらならしていきます。

駐車場ですので、コンクリートの厚さは約10cmになります。

施工後

庭の駐車場リフォームの施工後

コンクリート打ちが終わり無事に施工が完了致しました。

写真はコンクリート打ちから数日たったあとの施工後写真になります。

駐車場の場合はコンクリートを打ってから、約1週間前後の養生期間が必要となります。

コンクリートは性質上、時間を掛けて乾かすことでしっかりとした強度を発揮するためコンクリートを打ってすぐに車を載せてしまうとヒビ割れの原因となります。

コンクリートの綺麗な色が出て無事に施工が完了致しました。

お施主様にも大変お喜び頂き嬉しく思います。

今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ