長崎市でT様の事務所の内装リフォーム

長崎で事務所内装リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました事務所内装リフォームをご紹介させて頂きます。

施工前

事務所リフォームの施工前
こちらが施工前の状況になります。

今回はビルのテナントの一室を事務所としてリフォームをしていくという内容になります。

内装リフォームの内容としましては事務所スペースとして応接室や待合室を新設するために、新しく間仕切り壁を作らせて頂きドアを設けて2部屋作らせて頂きます。

施工中

内装リフォームの施工中

早速、施工に入らせて頂きました。

今回の間仕切り壁ですがビルテナントですので、短工期で低予算で施工可能な「軽量鉄骨」を使用して新しい間仕切り壁を施工させて頂きます。

「軽量鉄骨」は鉄製ですので木材のような歪みや反りなどがないため長い年数での壁の耐久性の確保やひび割れ防止に効果が持てます。

まずは間仕切り壁をどこに作るかの位置決めを行い墨出しを行い、その位置に壁の骨組みとなる軽量鉄骨を均等間隔に建てていきます。

テナントリフォームの施工中

軽量鉄骨の施工が完了した後に、壁にビニールクロスを張るための壁の下地となる「石膏ボード」を張る作業に入っていきます。

専用のネジを使用しながら均等間隔に石膏ボードを軽量鉄骨に固定していきます。

それと同時にドアの設置も行います。

内装間仕切りリフォームの施工中

間仕切り壁の下地となる石膏ボード張りが完了致しました。

均等に専用のネジで固定することでしっかりとした壁の強度を出すことが重要になります。

間仕切り壁の施工中

石膏ボード張りが完了しビニールクロス(壁紙)を張るために、石膏ボードの継ぎ目を埋める作業を行います。

段差を無くし平たんに綺麗に仕上げていきます。

いかに丁寧な下地処理を行うかが、仕上がりの綺麗さを左右するため非常に大切な作業になります。

間仕切り壁のリフォーム施工中

石膏ボードの継手を埋める作業が完了致しました。

次に仕上げ作業となるクロス(壁紙)を張る作業に入っていきます。

事務所リフォームのクロス施工中

職人さんの手により新しいクロス(壁紙)が丁寧に素早く張られていきます。

完成が楽しみです。

施工後

事務所内装リフォームの施工後

テナント内装リフォームの施工後

無事に施工が完了致しました。

新しい間仕切り壁のクロス(壁紙)は、お施主様にお選び頂いた木目調のクロスを使用させて頂きました。

またドアにも木目調の自然な色のドアを新設させて頂きました。

木目の素材を活かした間仕切り壁が新しく出来たことで事務所のような事務的な雰囲気ではなく、自然で優しい雰囲気を作り出してくれています。

訪れる人にとって自然体で訪れることができるのではないかと思っております。

お施主様にもお喜び頂き大変嬉しく思います。

また今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ