長崎市でM様の和室の壁と床のリフォーム

長崎で和室のリフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「戸建ての和室の壁と床のリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

戸建て和室のリフォームの施工前

戸建て和室の床のリフォームの施工前

こちらが施工前の状況となります。

壁には昔ながらの「塗り壁」が施工されており、床は和室らしくタタミが敷かれております。

今回の和室リフォームの施工内容としましては、壁は砂壁から珪藻土仕上げ、床はタタミからフローリングにというリフォームの施工内容となります。

既存の和室の状況としましては壁は「砂壁」が施工されており手で触れると、表面がポロポロ落ちてくるような状態で表面の色も経年劣化により茶褐色に変色しております。

またお部屋全体に身体に害のない、自然素材をご使用になられたいとのご要望も頂いておりますので壁には自然の材料を使用した珪藻土、床はお部屋全体を自然な雰囲気を作ることが出来る木質系フローリング材を使用させて頂いての和室リフォームとなります。

施工中

戸建て和室の床のリフォームの施工中

床材や珪藻土のお色などのお打ち合わせが完了した後に、施工に入らせて頂きました。

まずは既存のタタミを剥ぎ取り、床の骨組みとなる「根太組み」を行わせて頂きます。

戸建て和室の床リフォームの施工中

根太組みが完了し、床の強度を強くするため今回の床は根太の上に下地板を張りフローリングを張るという「二重張り」にて施工させて頂きます。

二重張りさせて頂く事で、年数が立ってきてからの床がブカブカするという現象を最大限食い止める事が出来るため長い目で安心して生活出来る床へと変わります。

下地板を施工させて頂いた後に、仕上げのフローリング材を専用の釘と接着剤を用いて施工していきます。

戸建て和室の壁の施工中

床の施工が完了した後に、壁の施工に入らせて頂きます。

既存の砂壁は表面がボロボロのため、そのまま下塗り材や珪藻土を塗ると弱くなっている表面から剥がれ落ちる可能性があるため、確実な施工のためにも弱い表面を剥ぎ取り、下塗り作業を行います。

下塗り作業は珪藻土を塗った際に、壁自体からのアクやシミなどが表面に出て来ることを止める役割と珪藻土の接着強化の役割があるため、大変重要な作業となります。

下塗りだからといって、適当な施工は許されません。

下塗りをいかに綺麗に丁寧な施工をするかで珪藻土の仕上がりが左右されると言っても過言ではありませんので慎重な施工が要求されます。

戸建て和室の珪藻土の施工中

下塗り材の乾燥を確認した後に、仕上げとなる珪藻土の施工に入ります。

左官職人のコテ使いと技術で世界で唯一無二の完全オリジナルの壁が作られていきます。

施工後

戸建て和室リフォームの壁の施工後

戸建て和室リフォームの床の施工後

無事に施工が完了致しました。

珪藻土は淡いピンク系統のお色をお選び頂きまして、柔らかく温もり溢れる空間へと変わりました。

また床のフローリングには木目の自然な風合いを楽しんで頂ける、こちらも淡い肌色のフローリング材をお選び頂きましたので、お部屋全体で自然の風合いに包まれる、とても心安らげる空間になりました。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ