長崎市でS様の畳からフローリングに変えるリフォーム

長崎で和室リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「和室の床を畳からフローリングにするリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

和室の床の施工前

こちらが施工前の状況となります。

施工前はタタミが敷かれており、日焼けや経年劣化による汚れがあります。

もちろんタタミの表面を張り替える表替えする事も出来ますし、布団に慣れている方などは畳の香りや柔らかさをお好みの方もいらっしゃいますが、今回のお施主様は畳の劣化のタイミングでベッドにされたいとのご要望でして、床をタタミからフローリングに変えられたいとのご要望でした。

まずはお施主様と床材のご相談を行わせて頂き、質感や色などを決めさせて頂きました。

施工中

和室リフォームの施工中

和室の床の施工中

早速、施工に入らせて頂きました。

まずは既存のタタミを剥ぎ取り、床の骨組みとなる「根太組み」を行っていきます。

敷居との段差が極力つかないように、水平を見ながら施工していきます。

根太組みが完了した後に、フローリング材の下地となる「針葉樹合板」を張っていきます。

合板を張り、上から新しいフローリング材を施工する事で2重張りとなり床が強くなり、床の耐久性を上げる事が可能です。

以前までは根太に直接フローリングを張る事が主流でしたが、根太と根太の間で床がブカブカするなどが起こるため、それらを防ぐためにも最近は合板+フローリングの2重張りが主流となります。

針葉樹合板張りが完了した後に、新しいフローリングを施工していきます。

最初に施工した根太の位置を墨出しを行い、新しいフローリングを専用の釘と接着剤を使用して根太にしっかりと固定していきます。

継ぎ目や直角を見ながら、正確に施工していきます。

これらをいい加減に施工すると、床鳴りの原因となるため丁寧に慎重に施工していくことが非常に大切です。

後は継ぎ目が変な位置に来ないようにするための割付けも大切な作業ですので、正確に計算を行いながら新しいフローリングの施工をしていきます。

施工後

和室の床の施工後

和室の床の施工後

無事に施工が完了致しました。

今回、使用させて頂きましたフローリングは「ノダ Jネクシオ」を使用させて頂きました。

色はアッシュ柄ホワイト色になります。

色味がホワイトですので、優しく柔らかく清潔感溢れる空間へとなりました。

また「Jネクシオ」というシリーズは木目の風合いを忠実に再現されていて、洋風な感じから色味次第で重厚感を出すことも出来るため、床だけでお部屋の雰囲気を変えられたい場合には、とても良いフローリング材となります。

ホワイトですので、お部屋全体も広く見えますね。

お施主様にもお喜び頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ