長崎市でT様の飲食店の内装リフォーム

長崎で飲食店リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「飲食店の内装リフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

飲食店の壁のリフォームの施工前

こちらが施工前の状況となります。

今回の飲食店リフォームの施工内容としましては、既存の壁を壁紙から珪藻土に変更し、専用カウンターの製作を行わせて頂きます。

施工前ですが、腰壁には化粧の杉板が張られておりメインの壁は壁紙にが張られております。

お施主様と内装リフォームの内容を綿密にお打合せを行わせて頂き、珪藻土の色味やカウンターに使用する木材・高さ、位置などを主に決めていきます。

それらが決まり、施工に入らせて頂きます。

施工に入ってからも、実際の形状を見てもらいながら、お施主様と共に施工を進めていきます。

施工中

飲食店の内装リフォームの壁施工中

早速、施工に入らせて頂きました。

まずは既存の腰壁を剥ぎ取り、下地の石膏ボードを確認し割れや著しい凹凸がある場合は、修正を行います。

飲食店の内装リフォームの施工中

下地の修正が完了し、珪藻土の下地となる「下塗りプラスター」を石膏ボード面にコテを使用して、塗り作業に入っていきます。

「下塗りプラスター」には壁から染み出るアクを止める役割と珪藻土の接着増強の意味合いがあり、下塗り材を塗る作業は非常に大切な作業となります。

左官職人の技術により、塗り厚を均等に下塗りプラスターが塗られていきます。
飲食店の壁の珪藻土の施工中

下塗りプラスターの乾燥を確認した後に、仕上げの珪藻土塗りの作業に入ります。

珪藻土の色味を見ながら最大限に珪藻土の風合いを出すために左官職人の一発仕上げにて丁寧に施工されていきます。

それと同時に国産の杉を使用した、特製カウンターも同時に施工していきます。

カウンター天板にはあえて、「節」が程よく入っている杉板を使用し、杉の風合いや珪藻土とのバランスを見ながらカウンターを施工していきます。

杉というのは柔らかく傷も入りやすいですが、木材本来の風合いを楽しめるとても良い物となります。

ただ飲食店ですので、濡れたコップなどのシミが付かないよう、杉の風合いを無くさないために極力ツヤの無い保護材をカウンター全面に塗ります。

この保護材を塗らないと、表面にコップのシミがそのまま吸い込んでしまい、跡となってしまうためです。

施工後

飲食店の内装リフォームの施工後

施工が完了致しました。

今回、使用させて頂いた珪藻土ですが、色を特注にて製作させて頂きました。

お施主様とお話させて頂き、藍染の藍色を目指して色をメーカーさんに製作して頂いた珪藻土を施工させて頂きました。

藍色ですので、紺でもなく青や黒でもない「藍色」の珪藻土というのがとても趣ある雰囲気を作り出してくれており、飲食店ですが心から落ち着ける空間へと変わりました。

飲食店の内装リフォームの施工後

また杉材を使用したカウンターを全4ヶ所に施工させて頂きました。

杉ならではの表面の色もバラバラでカウンターひとつひとつに個性のある、カウンターとなりました。

珪藻土を使用した壁に、杉を使用したカウンターと自然素材ばかりをふんだんに今回の飲食店リフォームに施工させて頂きました。

生まれ変わった飲食店で、訪れるお客様には心も体も癒やされるのではないかと考えております。

お施主様にも大変お喜びを頂き、大変嬉しく思います。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ