長崎市で彦見町のT様の全面リフォーム 施工例②

長崎で全面リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

前回の記事 長崎市彦見町 全面リフォーム施工後

本日は前回に引き続き、
長崎市彦見町で施工させて頂きました
木造住宅の全面リフォーム(リノベーション)の
施工後をご紹介させて頂ければと思います。

 

前回は水回りの全面リフォームをご紹介させて頂きました。

今回はリビングの全面リフォームをご紹介させて頂きます。
それでは早速ご紹介させて頂きます。

リビングダイニング 全面リフォーム

こちらがリビングダイニングになります。

まずお施主様の一番のこだわりポイントは
何といっても写真右側の
天然木を使用したカウンターになります。
また同じく写真左側の茶色い板を張っている面が
テレビの背面の壁になります。

こちらが杉材を使用した天然木カウンターになります。

前々回にカウンター材の加工を行っているところを
ご紹介させて頂いたのですが、そのカウンター材になります。

杉特有の木目と程よい節の数により
木の心地良さを感じる事が出来
また杉特有の柔らかく優しい木の温もりを
感じて頂く事が出来ます。

 

このカウンターですが、土佐杉と言います。
この土佐杉材をお施主様と共に
実際に木材市場に見に行かせてもらい
お施主様と共に選ばせて頂いた
非常に思い入れのあるカウンターになります。

 

また着色も調色を行い、お施主様の
ご希望の色を作成させて頂きました。

更にピカピカの艶が欲しいとの事でしたので
吹付施工にてクリアー塗料を施工させて頂きました!
このカウンターで飲むお酒は
とてつもなく美味しいと思います!

こちらが第二の重要なポイント部分になります。

このテレビの背面の壁を
クロスにするか、塗り壁か
もしくわ内装用の壁材が
たくさんの選択肢の中から、しっくりくる物が出ず
お施主様と非常に悩みました。

 

そこで針葉樹合板と言います
通常は床の下地など
目に付かない場所に使われる材料なのですが
この針葉樹合板は木目が綺麗なのです。

 

1枚1枚、表情が違い
節の数や、木目の入り方が違うため
これを縦向き、横向きで
壁に貼ることで、部屋全体の
雰囲気を作れるのではないかと考えました。
 

お施主様も、それが良いですねと了承頂き
早速、施工させて頂き
重厚感あふれるテレビの背面になりました。

これが天井・床との調和も問題なく馴染んでおります。

 

アクセント壁として木の優しい雰囲気の中に
重厚感を醸し出してくれています。

この針葉樹合板も着色を行い
クリヤー塗装させて頂いております。

長崎木の家="750"

長崎リフォーム="750"

また床材には「ノダ アートクチュール」の
床材を使用させて頂きました。
この床材の木目調と色が
いい味を出しております。

重厚感の中に木目の暖かみを感じて頂けます。

 

また天井には、あえての黒のビニールクロスを施工させて頂いております。

この黒のクロスですが、改めて勉強させて頂きました。
お施主様が選べばれた天井のクロスですが
広いワンフロアのリビングダイニングだからこそ
黒の天井で引き締めて、更には視覚的に
広く見せることが可能です。

 

その黒の天井に電球色のLEDの
ダウンライトを施工する事で
重たくなることが無く、部屋全体の雰囲気をまとめてくれています。

 

今回の全面リフォームですが、
お施主様から沢山の事を、学ばせて頂きました。

お施主様のご協力の元、無事に全面リフォーム工事が
完了する事が出来、大変ありがたく思います。

 

またこれから、新たに息を吹きこんだ暖かい家から始まる
生活が、ご家族様にとって
より良い暮らしになる事を願っております。
 

また今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。