【必見】失敗しないキッチンリフォームとは

こんにちは。
長崎安心リフォーム
代表 松下です。

 

今日の長崎は爽やかな春の陽気で気持ちよかったですね!

本日は外での仕事でしたので少し汗ばむ陽気でした!

 

本日はタイトルの通り「失敗しないキッチンリフォームとは」

についてお話させて頂ければと思います!

 

早速ですが、キッチンと言いますのは毎日使用するので

使いやすい物が理想的ですよね。

 

キッチンの使い勝手が悪く高さが合わない等の悩みは、

腰痛の原因になりやすく更には料理をしたり

食器洗いをしたりするのに苦痛になってしまいますよね。

 

私が個人的に思う理想のキッチンとは、

・使いやすい高さで

・清潔感溢れる

・自然な使い勝手

この3つをいかに重要視するかが重要と考えております!

 

やはり使いやすい理想的なキッチンにするためには

キッチンの種類・間取りの計画・収納の取り方。

重要ですよね。

 

そして何より、今の暮らしから将来の

暮らしまでを創造することで計画するのが

とても楽しく思いませんか?

 

私自身も日々、様々なお客様とリフォームの

お話をしながらその方々の理想のライフスタイルや

暮らし方の話をするのが楽しくて仕方ありません。

 

それでは本題に入りたいと思います。

まずキッチンリフォームを考える時に

「キッチンの種類をどうするか」

キッチンの種類と言いますのは、

メーカーや材質も大切なのですが

レイアウトを決めることから入ります。

 

レイアウトと言いますのは

・対面キッチン

・壁付けキッチン

・アイランド型キッチン

・L型キッチン

主にこの4つの種類になります。

 

そしてキッチンのレイアウトを決めるにあたり

まずは現状の間取りを把握しレイアウトを決める

という事が大切になってきます。

 

例えば対面キッチンの場合、リビング全体の状況を

把握しながら家事をしたりお子さんの状況を確認したり

カウンターで思い思いに過ごされたり

良い点がたくさんございます。

 

ただキッチンに立った時の背面に

食器棚や炊飯器やレンジを置くための

棚を置くスペースを考えておかないと

思ってたより狭くなってしまったという事になってしまいます。

 

またコンセントの配置も棚に

隠れてしまわないよう設置する事も重要になります。

 

ですので対面キッチンを選ばれる際に重要なことは

「現状の間取りを把握したうえで配置場所を決める」という事になります。

 

次に壁付けキッチンですが窓がある場合

窓側に設置するため手元が明るく

自然の光を取り入れることで雰囲気そのものを変えてくれますね。

1番の利点はキッチンを壁付けにすることで

リビングそのものを広々と使用できるのも良い点ですね。

 

ただ壁付けキッチンも対面キッチン同様、

食器棚の配置をしっかり考える事が重要ですよね!

壁付けキッチンで意外と多い悩みが、

洗い物等が丸見えになってしまうという事ですね。

 

次にアイランド型キッチンですが

アイランド型キッチンは見た目もスタイリッシュで

格好よくとても重厚感ある雰囲気を醸し出してくれます。

キッチン廻りをグルリと1周できるのも動線の良さに繋がります。

 

ただやはり壁付けキッチン同様、

手元や洗い物が丸見えになるというのは避けられません。

 

最後にL型キッチンになります。

L型キッチンと言いますのは対面式

壁付け式の両方に対応しており

L型ですので三角の家事動線となり使いやすく

家事負担を軽減することが出来ます。

 

ただコーナー部分は意外と

デットスペースとなる事も多いかもしれません。

またこちらも食器棚や冷蔵庫の配置も重要な事になります。

 

 

以上が基本となるキッチンレイアウトに関しまして

良い点・悪い点をお話させて頂きました。

キッチンレイアウトと言いますのは

キッチンリフォームをするにあたり非常に重要です!

また改めてご説明させて頂きたいのですが

必要・不必要な機能や、高さの設定等

重要な点はまだまだございます。

 

本日はキッチンリフォームを考えられている皆様に

まず何から考えたら良いかという事をお話させて頂きました。

 

皆様のお力に少しでもなれば非常に嬉しく思います!

では本日はこのあたりで失礼致します。