介護に適したバリアフリーリフォームとは

こんにちは。
長崎でバリアフリーリフォームはお任せください!
長崎安心リフォーム 代表の松下です。

本日は「介護に適したバリアフリーリフォーム」
についてお伝えしていきたいと思います。

介護リフォームする際に大切な事とは

まず介護リフォームを検討するにあたって
何を考えていくのかという点になりますが
介護前提のリフォームの場合の
大切なポイントとしては

・介護される方の身体状況

・介護する側の介護のしやすさ

・両者共の身体的・精神的負担の軽減

・介護しやすい動線・間取り・広さ

・怪我・転倒防止対策

・毎日を楽しく送れる生活環境

以上の6項目が重要かと考えております!
場所別に考えていこうかと思います。

介護に適したトイレリフォーム

まずトイレのリフォームから
考えていきたいと思います!
毎日使う空間としてトイレがございます。

またトイレで行う動作としては特に和式トイレの場合
身体的な負担が非常に大きいため
これを軽減する必要があると思います。

トイレリフォームの施工後

和式トイレから洋式トイレに変えることで
和式トイレのように、しゃがむという動作を
最大限減らし、また壁面に手すりを設置する事で
立ったり、座ったりの動作を少しでも
身体的な負担を減らすことが可能です。

また身体状況には様々な人がいらっしゃいますので
握力が弱い人向けに
肘を使い、身体を支えることができる
手すりもございます。

また可能であれば、トイレの空間を少しでも
広く取ることで介護する方の
身体的負担を減らし
車いすに乗ったままの介助も可能になります。

また介護保険を受給されている方は
和式トイレから洋式トイレへのリフォームは
介護保険改修費の受給対象ですので
是非、ご活用下さい。

介護に適した浴室リフォーム

次に介護に適した
浴室リフォームになります。

浴室リフォームにおいて
在来式の浴室の場合の問題点ですが
まず浴槽が深型のタイプが多いため
浴槽に入る際のまたぎが高く
浴槽が深いため
滑って転倒する危険性がございます。

これは同じく土間のタイルにも
共通している点かと思います。

また在来式の浴室は
タイルの壁が多いかと思いますので
やはり冬場の室内との気温差による
ヒートショック症状が心配な点となります。

それらを解消してくれるのが
「システムバス」になります。

システムバスの施工後

システムバスリフォーム後

システムバスにすることで
浴槽のまたぎを低くすることが可能です。

浴槽のサイズによりますが
浅いタイプの浴槽になり
滑りにくくなっておりますので
万が一の転倒する可能性を
最大限、抑止することが可能です。

また浴槽の中と壁面に手すりを設置する事で
入浴する際の身体的負担の
軽減につながります。

そして写真の天井部に設置しているのが
暖房乾燥付き換気扇になります。

これを使用する事で
冬場は入浴の前に、浴室のドアを開け
脱衣場まで温める事で
気温差によるヒートショックを
防ぐ事が可能です!

また滑りにくく
汚れもつきにくい素材が多いため
介助するかたの、介護の負担
掃除などの負担を軽減する事も可能です!

最後に介護に適したリフォームのまとめ

最後に、介護に適したリフォームの考え方として
本日はトイレと浴室のリフォームを
中心として考えてきました。

特にトイレと浴室は、毎日使う場所だからこそ
介護される方・介護する側の
両者の身体的・精神的負担が特に多い空間ですので
いかにお互いのストレスを減らし
日々の暮らしを少しでも楽しく
送ることが出来るかも大切かと思われます。

また今後とも宜しくお願い致します。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。