長崎市でM様の住宅の増築全面リフォーム

長崎で増築全面リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市にて施工させて頂きました「木造平屋建て住宅の増築全面リフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

今回のお客様からのご依頼内容としましては「平屋住宅のため部屋数が少なく、庭の余っているスペースを活かして、もう一部屋増やしたい」とのご依頼でした。

そこで約5帖程の縁側を庭の余ったスペースを生かし8帖の洋室へ増築することに致しました。

この縁側も当初は物置になっており非常にもったいない空間となっておりましたのでこの縁側を有効活用できるよう設計・施工しました。

施工中

こちらが施工中の状況になるのですが庭を全面的に撤去し、更に広げることも可能なのですが折角綺麗にされているお庭ですので、綺麗な和風庭園は残したまま増築リフォームする事で素敵な景色は残すことが可能です。

構造や法律の面も踏まえて今回は庭石のところまでの増築で十分なお部屋の面積が取れましたので以前の外壁から1.6mの増築を行いました。

写真は基礎工事を行い土台を敷いたあとの写真になります。

構造や重量を考えて今回の増築は、適切な配筋・ベースコンクリートの打設を行うことで重量ブロック基礎での強度確保が出来ると判断致しました。

土台にはシロアリ対策の防腐剤を塗布しております。

施工後

無事に増築全面リフォームの施工が完了いたしました。

まず外壁ですが「ニチハ モエンサイディング厚14mm」を使用しております。

和風作りの家ですので外壁材の柄を木目調やレンガ地調ではなく、シンプルな無地柄の外壁材をご提案させて頂きました。

全体的な和風の風合いを損なわないよう無地柄のスタッコウォール調をご提案させて頂きました。

今回増築距離が1.6mと短いため屋根勾配が取れないため板金屋根(ガルバリウム鋼板)にて施工させて頂きました。

板金屋根ですが現在の物は非常に耐久性断熱性に優れ重量も軽く、非常に利点の多い屋根材になります。

窓に関しては当初より使用していた窓が綺麗でしたので、予算を下げるためにもお客様と相談の上、以前の物を綺麗に取り外し保管していましたので再利用させて頂きました。

内部に関してですが床は耐久性に優れワックス掛け不要の「ダイヤモンドフロアー」を使用致しました。

傷がつきにくく荷物やタンスを動かす際にも、ダイヤモンドフロアーはコーティング加工を施しており、通常のフローリング材に比べ、傷がつきにくくなっております。

天井・壁はサンゲツのビニールクロスをお選び頂き、白を基調とした清潔感溢れるお部屋となりました。

施工前と比べ「明るくなったし庭を見ながらリラックスできる」とお客様に言って頂き「本当にありがとう」とご満足いただけて私共も非常に嬉しく思います。

一つ部屋が増えると家全体の使い勝手が更に良くなり、日々の暮らしが良くなるかと思います。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ