長崎市でN様のバリアフリーのトイレにリフォーム

長崎で介護リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きました「トイレリフォーム」をご紹介させて頂きます。

施工前

施工前の写真になりますが現状では和式型の便器に洋式のプラスチック製の便座をかぶせて使用しております。

ご高齢になる夫婦でお住まいでこれから先も家で介護したいという息子さんから「介護のしやすいトイレに変えたい」とのご依頼でした。

現状ではトイレ内のスペースも狭く立ったり座ったりの動作もしにくいため、まずはゆとりのある空間を作ることを重要視致しました。

将来的に車いすでの使用もあるため、人が二人入っても問題のない広さを作ります。

計画では現在トイレがある場所を洗濯機置き場へと変更し、トイレを現在の扉の前が空間が空いているので、そこを有効活用しトイレスペースに変えていきます。

施工中

必要のない壁を一度解体を行い新たなトイレスペースに合わせて壁を作っていきます。

施工後

無事に施工が完了致しました。

トイレ器具は「タカラスタンダードジャニス」を使用致しました。

便器の掃除もしやすく汚れのつきにくい構造になっております!

トイレ内部の空間ですが幅が90cm*奥行1.8mになり便器の前にゆとりのある空間が出来たため車いすでの使用も問題なく行うことができます。

トイレの入り口も以前はドアでしたので、出入りするのに邪魔になっていましたが今回のリフォームで片引き戸へ変更したことにより間口も80cm取れました。

出入りする際に邪魔にならないため採用させて頂きました。

片引き戸ですので、お年寄りの方にも開け閉めがしやすく、力を入れずに開閉が可能になっております。

床には車いす対応の「東洋テックス ダイヤモンドフロア」を採用させて頂きました。

こちらのフローリング材は表面加工処理が施されており表面が強く耐久性が高いため傷も入りにくく、
またノンワックス仕様になっております。

またトイレ特有の水はねに強く、表面処理のお陰で水を吸い込まないため床が腐る心配もございません。

壁には「サンゲツ ビニールクロス」を使用致しました。

トイレということもあり、柄物が良いかと思いご提案させて頂きました。

壁紙とフローリング材が融合することによりとても清潔感溢れるトイレになりました。

今回のトイレリフォームで重要な点としてトイレですので、何日も使えないとお施主様にご迷惑をおかけするのでいかに短工期でまたトイレを使える状態で工事を行うかを重要に進めさせて頂きました。

おかげさまでスムーズに工事を進めることができ、お施主様にも生まれ変わったトイレに大変お喜び頂きました。

お施主さまのこれからの生活がより良い暮らしになるかと思います。

お施主様のお役に立てた事を嬉しく思います。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ