長崎市でS様のトイレリフォーム

長崎でトイレリフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は長崎市で施工させて頂きましたトイレリフォームをご紹介させて頂きます。

施工前

トイレリフォームの施工前

トイレリフォームの施工前

こちらが施工前の状況になります。

洋式トイレと小用トイレが横並びになっており特に洋式トイレのスペースが狭く、トイレ内での動作がしにくい状況です。

そこで今回は小用トイレを無くし洋式トイレのみに変更し、小用トイレのスペースまでを洋式トイレスペースとして広げる事をご提案させて頂きました。

また脱衣場とトイレが隣り合わせになっており床にもつまずきやすい段差がございますので、床もやり替え段差を無くすバリアフリーリフォームも同時に行います。

施工中

トイレリフォームの施工中

まずは既存トイレの解体に入らせて頂きました。

既存と床を段差を無くすため骨組みから撤去し壁も不必要な部分は解体していきます。

また解体と同時に新しい洋式トイレに合わせて給水管・排水管を施工します。

トイレリフォームの施工中

次に床組みを行い新しい床材を張る前に床の強度を上げるため、針葉樹合板を張り、新しいフローリングを施工していきます。

トイレリフォームの床の施工中

次に新しいフローリングを張っていきます。

下地の針葉樹合板の上に新しいフローリングを張り2重張りにすることで床の耐久性を上げる事が出来ます。

トイレリフォームの壁の施工中

床が終わり、壁の施工に入ります。

今回、柱を隠す「大壁工法」にて施工するため壁に新しく骨組みを組み石膏ボードを張り、手すりの取付け等補強が必要な場所には構造用合板を張り壁を作っていきます。

トイレリフォームの施工中

仕上げ作業に入り壁紙(クロス)を張るために石膏ボードの継ぎ目を「パテ材」にて埋めて平らにし、壁紙を張る作業に入ります。

施工後

トイレリフォームの施工後

トイレリフォームの施工後

トイレリフォームの施工後

トイレリフォームの床の施工後

トイレリフォームの壁の施工後

施工が完了致しました。

トイレ空間を洋式トイレのみにしたことで小用トイレの空間活用が出来たため洋式トイレにおいて広いスペースを、確保する事が出来ました。

トイレの入口を片引き戸にすることで開口幅を最大限広く取りスムーズな開閉が可能になり、車いすでの出入りも可能になります。

バリアフリー施工にて段差も無くしておりますので若い方から、お年寄りまで安心してトイレを使用して頂けます。

トイレ器具には「TOTO ピュアレストQR」を使用させて頂きました。

ウォシュレットにはアプリコットシリーズをお選び頂きまして、自動洗浄機能や清潔機能が付いており常に清潔な状態を保って頂けます。

床材には「ノダJネクシオ」を張らせて頂き、傷に強く、抗菌仕様で車いすなどのキャスター使用も出来ますので安心してトイレを使用して頂けます。

また脱衣場には洗濯機置き場を併設していているためドラム式洗濯機を置ける空間を確保させて頂きました。

壁紙にはポイントクロスを施工し引き締まった高級感あふれるトイレに仕上がりました。

トイレ内部の照明器具には人感センサー式の照明器具を採用し、消し忘れを防ぐ事も出来ます。

お施主様にも大変お喜び頂き大変嬉しく思います。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ