時津町でI様ベランダ防水の施工例(塗装工事)

長崎で防水リフォームはお任せください!
長崎安心リフォームの松下です。

本日は西彼杵郡時津町で「ベランダ防水工事(塗装工事)」を施工させてご紹介させて頂きます。

施工前

今回のご依頼内容ですが「ベランダの防水が経年劣化により亀裂が増え雨水の侵入が心配。」とのご依頼内容でした

防水と一口に言いましても何種類かございまして、ウレタン塗膜防水・シート防水・FRP防水主な物をご紹介させて頂いたのですが、今回はウレタン塗膜防水を施工させて頂きます。

こちらが施工前の状況になるのですが、緑の塗料が仕上げの塗料になるのですが劣化により浮きや亀裂がありその下の既存のウレタン塗膜防水も亀裂が入っておりました。

今回「ウレタン塗膜防水」を施工させて頂きます。

施工中

初めの工程としまして「ウレタン塗膜防水」の接着を強固にするために、下塗り材であります「プライマー」を塗装します。

プライマーと言いますのは接着剤の役割となります。


プライマーの塗装が完了しました。

プライマーがしっかりと乾くまで待ちます。

プライマーがしっかり乾いたのを確認し、今回の防水工事のメインとなる「ウレタン塗膜防水」を塗装していきます。

ウレタン防水材は平均して5mm程度のしっかりとした厚みを確保しながら塗装致します。

ウレタン塗膜防水の塗装が完了致しました。

しっかりと厚みを確保しておりますので乾くことでゴムのような質感になり雨水の侵入を防ぎます。

このウレタン塗膜防水もじっくり時間を掛けて乾かします。

乾き具合を確認して最終の仕上げ塗装(トップコート)に入ります。

ウレタン塗膜防水の乾きを入念に確認し乾いているのを確認し最終の仕上げ塗装に入ります。

こちらの仕上げ塗装(トップコート)がウレタン塗膜防水を保護するための塗料になりウレタン塗膜防水の場合仕上げ塗装は1回塗りとなります。

施工後

長崎

長崎

今回の仕上げ塗装の色は「リーフグリーン色」と言います黄緑に近い色を選択頂き塗装させて頂きました。

施工前と比べ、ベランダが明るくなりました。

今回の仕上げ塗装はザラザラ感を無くした仕上げになっており乾くことでゴムのようになるためツルツルの表面に見えますが滑りにくくなっております。

更に滑り止めの効果を強くするためには仕上げ塗料に「骨材」を混ぜ、滑り止めとしてザラザラに仕上げる事も可能です。

天気にも恵まれ予定通り施工を進めさせて頂きました。

どうしても外部の塗装工事は天気の兼ね合いもございます。

無事に施工を完了させて頂きましてお施主様にも大変ご満足頂き非常に嬉しく思います。

またベランダの防水と言いますのは非常に重要になります。

雨水の侵入が原因で雨漏りが起きたりコンクリートの場合鉄筋が錆びてコンクリートの浮きや剥がれの原因にもなります。

一度、ベランダに亀裂や雨漏りしている痕跡が無いか状況を把握する意味でもご確認された方が良いかと思います。

余計な修繕費用が掛かる前に食い止める事が重要ですね。

では本日は、このあたりで失礼致します。

お問い合わせ お急ぎの方はお電話ください。TEL:070-2335-8699 (日曜・弊社定休日を除く)

【新型コロナウイルス対策について】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス感染症への対策として、皆様の健康と安全を第一を考え、見積り・打合せ時等にはマスク着用とアルコール消毒をさせていただきます。顔が見えづらいためご不快な思いをさせることになり、誠に申し訳ございませんがご理解・ご協力をよろしくお願い致します。 今後も、政府や自治体による最新情報や状況を注視し、みなさまに安心してお見積り依頼・ご相談いただけるよう努めてまいります。

【オンライン相談サービスを始めました】
長崎安心リフォームでは、新型コロナウイルス(COVID-19)感染症が拡大している状況を受け、 お客さまの健康・安全面を第一に考慮し、対面での相談による感染を懸念されている方向け、 『オンライン相談サービス』をはじめました。 お金のご不安や工事の進め方、工事中のくらしなど、気になっていることは何でもご相談ください。 →オンライン相談のご予約はコチラ